2D格闘ツクール2nd 完全攻略

■ チュートリアル


■ コマンド解説


■ テクニック解説
 001 特殊なキャラクターセレクト
 002 画面レイアウト
 003 カラーセレクトの設定
 004 ヒットエフェクトの研究
 005 ヒットエフェクトの描き方
 006 スクリプト一覧のテキスト化
 007 通常立ちの設定
 008 VSで開始位置指定
 009 雛型キャラの作成
 010 INIファイルの内容
 011 変数の大小チェック
 012 当て身投げの作り方
 013 必殺技コマンドの設定
 014 アニメ作成_通常攻撃
 015 ゲームモードによる分岐
 016 変数の一覧を記録
 017 受け身入力の判定
 018 ダウン値による分岐処理
 019 飛び道具の作成
 020 ワープ技の作成
 021 ヒット硬直のコントロール
 022 ステージの地面表現
 023 ヒット数表示の固定
 024 横方向のホーミング攻撃
 025 1P/2Pの判別
 026 ライフ減少アニメ
 027 画面下部の表示内容
 028 ステータス表示の意味
 029 ガードクラッシュの表現
 030 押せないOBJ
 031 アイテムのあるゲーム
 032 復活する技の作成
 033 空ガードの作成
 034 ステージ選択付きキャラセレ
 035 ゲージMAXの表示
 036 固定ダメージを表現する
 037 ラン動作の作成
 038 投げ技によるKOの作成
 039 ボタン溜め押し技の作成
 040 中段攻撃の作り方
 041 製作に役立つツール
 042 カラーセレクトに適した画像
 043 相手によって動作変更
 044 横幅のあるキャラを表現
 045 ラウンド限定の動作
 046 影色の塗りを効率化
 047 モードを切り替えるキャラ
 048 当たり判定設定のコツ
 049 空中ジャンプを表現する
 050 キャラの向きを判別する
 051 途中でKOしない乱舞技
 052 カウンターヒットの作成
 053 OBJの動作を停止
 054 ハイジャンプの作成


■ バグ・よくあるミス


■ テスト時のチェック項目


■ 解説用データ ダウンロード


041

製作に役立つツール

このページでは、
2D格闘ツクールでゲームを製作する上で役に立ちそうなツールについて、
具体的な使い方を含めて紹介したいと思います。

 なお、ここではソフトの入手先リンクは載せていません。
 お手数ですがソフト名で検索して探すようにしてください。



画像ファイル変換ツール
FastStone Photo Resizer

画像を指定したファイル形式に変換できるソフト。
特に、実写や3DCGのレンダリング画像など
複数枚の画像をまとめて変換する時に便利です。

変換時にオプションを設定しておけば画像のサイズ変更や色数変更も可能です。
また、RenameをONにすると通し番号の付いたファイル名で保存してくれるので
格闘ツクールのフォルダ一括読込機能を使う場合に重宝します。
※画面右上のSortでNameを選んでおきます。

 2D格闘ツクールの一括読込では、0付き桁数固定の数字にしておかないと
 ファイルの並び順がごちゃ混ぜになってしまいます。
 例えば、ファイル名が8→9→10だと10→8→9の順に。
 ここでファイル名に0をつけて08→09→10としておけば並び順が狂うことも有りません。



画像結合ツール
Photoshifter

複数枚の画像を縦横につないで
1枚の画像にまとめることが出来るソフト。
キャラごと、モーションごとにグラフィックをまとめておけば
グラフィックの使い道をわかりやすく整理することが出来ます。
また、色数変換その他画像処理をかける際も
画像1枚ずつ処理するよりも効率的です。

 左上から右下へ…アニメーションの順番に合わせて画像を並べるよう
 ルールを決めておくと、編集時のミスも起きにくいのでお勧めです。



画像減色ツール
xPadie Pro

画像の減色変換ツールです。
オプションで背景色の指定をしておけば、背景色を
グラフィックのメイン部分とは別に維持したまま減色することも可能です。
設定を上手く調節すれば、昔のゲーム風に加工することが出来るので
色々試してみると面白いかもしれません。


ドット絵編集ソフト
EDGE

256色内のドット絵編集向けのグラフィックソフトです。
トーン描画が使えるので、色数を抑えたグラデーションも可能です。
また、使用色をカラーパレットで確認できるので、
不要色の削除など色数の管理が容易に行えます。
( 特に、色指定による範囲の選択という機能が便利です )


アニメーション作成ソフト
Adobe Flash

主にWebページ向けに使用されるソフトですが、
回転や拡大縮小のアニメ作成ソフトとしても使えます。

ドット絵を1枚描いて、それを最大限使いまわしたい場合に活用できます。
キャラクターグラフィックを細かく動かす場合は
多関節アニメというテクニックが有りますが、これはややコントロールが難しいです。

無難な使い方としては、
キーフレーム周辺のアニメ枚数を稼ぐといったものが考えられます。
攻撃のインパクト発生の画像を部分的に1〜2ドット
上下左右に動かすことで攻撃後の隙を表すコマを容易すると良いです。

 同じような処理は通常のグラフィックソフトでも可能ですが、
 キーとなるポーズさえ幾つか用意しておけば自動的にその中割コマを

 生成してくれるので、慣れれば作業量をかなり抑えることができます。
 また、「1枚1枚の独立した画像」ではなく
 「ベースとなる画像とその動き」として保存されるので再編集もしやすいです。



音声編集ソフト
Wave Paseri
Wave形式の音声ファイルを編集するソフトです。

格闘ツクールでは、Wave形式の音声ファイルしか対応していないので
このソフトでデータを用意すると良いです。
用途としては、効果音生成ではなく
録音した音声データの加工などがメインになります。

無音分のカットやフォーマット変換、その他エコーなど
様々などエフェクトをかけることも可能です。
色々試してみると表現の幅が広がると思います。


自動操作マクロツール
UWSC
マウス・キーボードによる処理を自動化するソフトです。

格闘ツクールでは、単純な処理を地道に繰り返すことで
ややこしい処理を動かしているように見せることが出来ます。
方法としては単純なのですが、同じような処理を何度も繰り返すことになるので
手動でスクリプト編集するのは大変です。
そんな時に役立つのが、自動操作・マクロツールです。
機能としては、手動での操作をソフトで記録して
その内容をコンピュータに指定回数繰り返させるというものです。

 同じ系統のソフトは色々ありますが、このページでは
 機能がシンプルでわかりやすいUWSCというソフトを紹介します。


記録した操作はテキストとして保存できるので修正も可能、
スクリプト編集に限らず色々使えて非常に便利なソフトです。

トップページへもどる

inserted by FC2 system