2D格闘ツクール2nd 完全攻略

■ チュートリアル


■ コマンド解説


■ テクニック解説
 001 特殊なキャラクターセレクト
 002 画面レイアウト
 003 カラーセレクトの設定
 004 ヒットエフェクトの研究
 005 ヒットエフェクトの描き方
 006 スクリプト一覧のテキスト化
 007 通常立ちの設定
 008 VSで開始位置指定
 009 雛型キャラの作成
 010 INIファイルの内容
 011 変数の大小チェック
 012 当て身投げの作り方
 013 必殺技コマンドの設定
 014 アニメ作成_通常攻撃
 015 ゲームモードによる分岐
 016 変数の一覧を記録
 017 受け身入力の判定
 018 ダウン値による分岐処理
 019 飛び道具の作成
 020 ワープ技の作成
 021 ヒット硬直のコントロール
 022 ステージの地面表現
 023 ヒット数表示の固定
 024 横方向のホーミング攻撃
 025 1P/2Pの判別
 026 ライフ減少アニメ
 027 画面下部の表示内容
 028 ステータス表示の意味
 029 ガードクラッシュの表現
 030 押せないOBJ
 031 アイテムのあるゲーム
 032 復活する技の作成
 033 空ガードの作成
 034 ステージ選択付きキャラセレ
 035 ゲージMAXの表示
 036 固定ダメージを表現する
 037 ラン動作の作成
 038 投げ技によるKOの作成
 039 ボタン溜め押し技の作成
 040 中段攻撃の作り方
 041 製作に役立つツール
 042 カラーセレクトに適した画像
 043 相手によって動作変更
 044 横幅のあるキャラを表現
 045 ラウンド限定の動作
 046 影色の塗りを効率化
 047 モードを切り替えるキャラ
 048 当たり判定設定のコツ
 049 空中ジャンプを表現する
 050 キャラの向きを判別する
 051 途中でKOしない乱舞技
 052 カウンターヒットの作成
 053 OBJの動作を停止
 054 ハイジャンプの作成


■ バグ・よくあるミス


■ テスト時のチェック項目


■ 解説用データ ダウンロード


040

中段攻撃の作り方


格闘ゲームを攻略する時、しゃがみガードを続ける相手にはジャンプ攻撃が有効ですが、
ゲームによっては中段攻撃という技によってしゃがみガードを崩すことが出来ます。

中段攻撃
しゃがみガードを崩す手段として用意された特殊攻撃。
地上にいながらジャンプ攻撃を出すような技です。
( ジャンプ動作を見せることなく空中属性の攻撃が出せるので相手は対処しにくいです )
この攻撃をガードするには、ジャンプ攻撃同様に立ちガードを行う必要があります。


ここでは、中段攻撃の動作について
その作り方と設定のコツを紹介したいと思います。


作成する内容の確認
まずは今回作成する内容を確認したいと思います。

ゲーム開始、相手はしゃがみガード入力をしています。

下段攻撃を出してもガードされてしまいます。
また、しゃがんでいるため投げつかみが当たりにくいです。
だからと言ってジャンプ攻撃をすると対空技で落とされるリスクがあります。

ここで中段攻撃のコマンドを押して技を発動、

相手のしゃがみガードを崩して攻撃がヒットします。

ちなみに相手が立ちガード入力していた場合は普通にガードされてしまいます。

相手の状態によって攻撃に対する反応が違う点に注意してください。


スクリプトの作成
ここからは実際に中段攻撃の処理を組んでいきます。

以下は今回の処理で使用するキャラクター画像です。

※上記画像はPNG画像となっております。
 ゲームに読み込む際はBMPに変換して使ってください。


MEMO

中段攻撃のモーション
中段攻撃のモーションを考える際は、
相手のしゃがみガードを崩せそうな動き をイメージすると良いです。

下段横方向の攻撃だと相手にガードされそうですが、
上方向からの攻撃だと見た目に攻撃が通りそうな気がします。

また、小ジャンプ攻撃のようなモーションにすると
空中属性であることがよりわかりやすくなると思います。


番号 命令 設定内容
1 キャンセル条件
2 やられ・ぶつかりをONに
3 WAIT = 6
4 WAIT = 8
5 WAIT = 12
6 移動 X +4.70
7 リアクション設定: しゃがみガード時、ヒット強しゃがみ
8 例では、受付時間50程度
9〜 以下略

中段攻撃には特殊な性質がありますが、
ここでは攻撃判定の発生を少し遅めにしています。
( 既存技である通常の立ち攻撃と性能のバランスを取るため )

重要なのが、7ブロック目にあるリアクション設定です。

立ち攻撃のリアクション設定と見比べるとわかる通り、
中段攻撃の設定は丁度ジャンプ攻撃のそれと同じになります。


テストプレーで処理を確認
中段攻撃のコマンド設定が済んだらテストプレーを実行して処理を確認してください。

中段攻撃が正しく動作しています。

しゃがみガード入力、立ちガード入力の両方について
相手の反応を確認するようにしてください。


格闘ゲームには様々な性能を持ったキャラがいて、それぞれ独特の戦法があります。
キャラ間の対戦バランスを考える上で極端に不利な立場のキャラクターも出て来るでしょう。
そういった場合に役立つのが今回説明した
中段攻撃のように特殊な性能・ルールを持った技です。

 例えば、しゃがみガードをずっと続ける相手に対して
 こちらは飛び道具も無く太刀打ちしにくい場合。
 ここに中段攻撃を追加することで対抗手段を用意することが出来ます。


対戦バランスは技の追加その他によっていくらでも変化します。
バランスの良い対戦を意識してゲームの調整を行うようにしてください。


以上、短いですが中段攻撃の作り方についての説明を終えます。
なお、今回説明した内容について何か気になる点・疑問点などあれば
掲示板 にて質問を受け付けておりますので気軽にお尋ねください。

トップページへもどる

inserted by FC2 system