2D格闘ツクール2nd 完全攻略

■ チュートリアル


■ コマンド解説


■ テクニック解説
 001 特殊なキャラクターセレクト
 002 画面レイアウト
 003 カラーセレクトの設定
 004 ヒットエフェクトの研究
 005 ヒットエフェクトの描き方
 006 スクリプト一覧のテキスト化
 007 通常立ちの設定
 008 VSで開始位置指定
 009 雛型キャラの作成
 010 INIファイルの内容
 011 変数の大小チェック
 012 当て身投げの作り方
 013 必殺技コマンドの設定
 014 アニメ作成_通常攻撃
 015 ゲームモードによる分岐
 016 変数の一覧を記録
 017 受け身入力の判定
 018 ダウン値による分岐処理
 019 飛び道具の作成
 020 ワープ技の作成
 021 ヒット硬直のコントロール
 022 ステージの地面表現
 023 ヒット数表示の固定
 024 横方向のホーミング攻撃
 025 1P/2Pの判別
 026 ライフ減少アニメ
 027 画面下部の表示内容
 028 ステータス表示の意味
 029 ガードクラッシュの表現
 030 押せないOBJ
 031 アイテムのあるゲーム
 032 復活する技の作成
 033 空ガードの作成
 034 ステージ選択付きキャラセレ
 035 ゲージMAXの表示
 036 固定ダメージを表現する
 037 ラン動作の作成
 038 投げ技によるKOの作成
 039 ボタン溜め押し技の作成
 040 中段攻撃の作り方
 041 製作に役立つツール
 042 カラーセレクトに適した画像
 043 相手によって動作変更
 044 横幅のあるキャラを表現
 045 ラウンド限定の動作
 046 影色の塗りを効率化
 047 モードを切り替えるキャラ
 048 当たり判定設定のコツ
 049 空中ジャンプを表現する
 050 キャラの向きを判別する
 051 途中でKOしない乱舞技
 052 カウンターヒットの作成
 053 OBJの動作を停止
 054 ハイジャンプの作成


■ バグ・よくあるミス


■ テスト時のチェック項目


■ 解説用データ ダウンロード


009

「キャラクター」編集

「キャラクター」のスクリプト確認

「キャラクター」の「技」タブを表示してください。
キャラクターのスクリプト一覧
「プレーヤー」ファイルへのグラフィック追加はここで行います。

まずは「技一覧」ウィンドウでスクリプトの内容を大まかに確認しておきましょう。
最初から用意されているスクリプト行の一覧
上の方には名前が太字で表されたスクリプトが24行、
その下に「ヒット〜」「ガード〜」など細字のスクリプトが12行、
合計36個のスクリプトが確認できます。

太字のスクリプトは全キャラクター共通の基本動作になります。
下にあった12行は、全キャラクター共通のリアクション用スクリプトになります。
後者については、後々説明します。

ゲーム中でキャラクターを問題なく動かすためには、
まず太字の基本動作スクリプトについてグラフィックを揃える必要があります。
( 作成するゲームの仕様によっては、一部スクリプトを省略しても構いません )

MEMO

ここではグラフィックの描き方についての説明を省略しますが、
キャラクターグラフィックのサイズは早めに決めておいた方がいいでしょう。
※見た目だけでなく、作成するゲームの方向性も考えてサイズを決めると良いです


上から順番にスクリプトを見ていきます
まずは、「通常立ち」「前歩き」「後歩き」の3つについてグラフィックを設定します


「通常立ち」スクリプトへのグラフィック追加

「通常立ち」用のグラフィックとして以下の画像を用意しました。 ( 画像サイズは256x256 )
基本となる立ちポーズのキャラグラフィック
ゲーム用グラフィック( BMP )こちらになります。

「技一覧」ウィンドウから「通常立ち」スクリプトを選択、「画像読込」ブロックを追加します。
スクリプトへのブロック追加手順について忘れた場合は こちら を参照してください。

「通常立ち」の「画像読込」ブロックに対して画像読込を行います。
「画像読込」ウィンドウを表示してください。
画像読込ウィンドウで対象の画像を開きます
「読込」ウィンドウ左端のボタンをクリック、読み込むグラフィックを選択します。
今回は「枠左上の点の色を透明色として扱う」ボタンをONにしておきます。
この機能をONにしておくと、画像中の1色を透明色扱いして画像を取り込みます。
( キャラクター用のグラフィック読み込みなので、透明色機能をONにする )

画像を見ればわかる通り、緑色( 0, 255, 0) を透明色として使っています。
※作成するグラフィックとかぶらない色を背景色(透明色)として使うと良いでしょう。

画像の一部をクリックすると、自動でキャラクターを囲むような枠がセットされます。

メインウィンドウの情報欄で「絵番号」が0になっているのを確認したら、
左から4番目にある「イメージを置き換えます」ボタンをクリックして画像を読み込みます。
編集画面にキャラグラフィックが表示されました
「通常立ち」スクリプトに画像がセットされました。


キャラクターグラフィックの表示確認

ここでテストプレーを実行してみると…
テストプレーでキャラが表示されるようになりました
キャラクター画像が表示されています

MEMO

ここでキャラクターの操作をすると、バグるので注意してください。
現時点でキャラの操作入力は受け付けているのですが、まだ前歩きや
後歩き、ジャンプなど対応する動作のグラフィックが用意できていないため
これらのスクリプトが呼び出されるとキャラが消滅してしまうのです。

この問題は、ゲームを作成していくうちに何度か目にするでしょう。
( ほとんどの場合、スクリプトの移動命令における設定ミスが原因 )

次は「前歩き」スクリプトに画像をセットします。

トップページへもどる

inserted by FC2 system