2D格闘ツクール2nd 完全攻略

■ チュートリアル


■ コマンド解説


■ テクニック解説
 001 特殊なキャラクターセレクト
 002 画面レイアウト
 003 カラーセレクトの設定
 004 ヒットエフェクトの研究
 005 ヒットエフェクトの描き方
 006 スクリプト一覧のテキスト化
 007 通常立ちの設定
 008 VSで開始位置指定
 009 雛型キャラの作成
 010 INIファイルの内容
 011 変数の大小チェック
 012 当て身投げの作り方
 013 必殺技コマンドの設定
 014 アニメ作成_通常攻撃
 015 ゲームモードによる分岐
 016 変数の一覧を記録
 017 受け身入力の判定
 018 ダウン値による分岐処理
 019 飛び道具の作成
 020 ワープ技の作成
 021 ヒット硬直のコントロール
 022 ステージの地面表現
 023 ヒット数表示の固定
 024 横方向のホーミング攻撃
 025 1P/2Pの判別
 026 ライフ減少アニメ
 027 画面下部の表示内容
 028 ステータス表示の意味
 029 ガードクラッシュの表現
 030 押せないOBJ
 031 アイテムのあるゲーム
 032 復活する技の作成
 033 空ガードの作成
 034 ステージ選択付きキャラセレ
 035 ゲージMAXの表示
 036 固定ダメージを表現する
 037 ラン動作の作成
 038 投げ技によるKOの作成
 039 ボタン溜め押し技の作成
 040 中段攻撃の作り方
 041 製作に役立つツール
 042 カラーセレクトに適した画像
 043 相手によって動作変更
 044 横幅のあるキャラを表現
 045 ラウンド限定の動作
 046 影色の塗りを効率化
 047 モードを切り替えるキャラ
 048 当たり判定設定のコツ
 049 空中ジャンプを表現する
 050 キャラの向きを判別する
 051 途中でKOしない乱舞技
 052 カウンターヒットの作成
 053 OBJの動作を停止
 054 ハイジャンプの作成


■ バグ・よくあるミス


■ テスト時のチェック項目


■ 解説用データ ダウンロード


015

移動命令

 移動
2D格闘ツクールでキャラを作成する際は、たくさんのスクリプトを並べることになります。

今回は、スクリプトとスクリプトの間をつなぐ命令である
移動命令について、基本的な使い方と説明したいと思います。

 なお、これ以降の説明では移動命令のことを
 スクリプト移動 と表記して話を進めていきます。



画面の見方

スクリプト移動命令の画面について確認しておきます。
設定欄はシンプルに1つだけとなっています。

飛び先指定



処理の仕組み

飛び先指定で設定した場所へ処理を飛ばします。
飛び先指定右側の欄を入力すれば
スクリプト行の途中を飛び先として指定することも可能です。


スクリプト移動の使い道
スクリプト移動は非常にシンプルな命令ですが、スクリプト内での出番は多いです。
ここでは、主な使い道の幾つかを紹介しておきたいと思います。

------------------------------------------------------------
1.スクリプトの分割

複雑な処理やアニメ枚数の多い動作では
どうしてもスクリプトが長くなります。
ここで問題となるのが、1つの行内に配置できる命令の数です。

処理の長いスクリプトは編集時の移動も大変なので、
スクリプト移動命令を使って出来るだけ複数の行に分けるようにします。

 上記画像の例では、ライフゲージ減少アニメのスクリプトを複数行に分けて処理しています。
 参考 026 ライフ減少アニメ

------------------------------------------------------------
2.動作をつなぐ

複数の場面で使用される動作は
独立した1つのスクリプト行として用意した方が良いです。

例えば、ふっとんで、ダウンして、そこから立ち上がる動作

「ふっとび」「ダウン」「立ち上がり」 という3つの動作に分けておけば、
動作の部分部分を別の処理で使いまわすことが出来ます。

細かく分けた各スクリプトは、
条件分岐命令やスクリプト移動命令でつなぐと良いです。

------------------------------------------------------------
3.スクリプトのループ

2D格闘ツクールにはループ処理の命令がありますが、
ここで紹介するのは実行回数が決まっていないループ処理です。

スクリプト移動命令の移動先を移動元の手前にすることで
同じ行内を何度も繰り返す処理となります。

当然ながら、ループには終了条件が必要です。
ループ内(移動先〜移動元)に条件分岐命令などを置くようにしてください。
※キャラの動作関連スクリプトでは、各種当たり判定もループ処理の中にセットしておくと良いです。



上の方でも少し述べましたが、
スクリプト移動命令は地味ながら出番は多いです。
使い方を覚えて、スクリプト編集に役立ててください。


以上、スクリプト移動 命令に関する説明を終えます。
今回説明した内容について、何か気になる点・疑問点などあれば
掲示板 にて質問を受け付けておりますので気軽にお尋ねください。




ページ先頭へもどる

トップページへもどる

inserted by FC2 system