CloneFighter マニュアル

002

画面の見方

全体画面
CloneFighter全体画面

1. メインウィンドウ
ここがメイン画面です。
各種メニュー項目やキャラクターびグラフィックがここに表示されます。
また、画像の出力もここから行います。

2. モーションリスト
ここには、読み込んだモーションのリストと関連メニューが表示されます。
リストから閲覧・編集するモーションを選択することが可能です。

3. タイムライン
ここにはCGモデルのパーツリストとモーションのアニメ設定がタイムラインとして表示されます。
また、各種モーションに対するアニメ設定の編集もここで行います。

4. パーツウィンドウ
ここには、CGモデルを構成するパーツの設定画面が表示されます。
画面上部にあるページ番号でパーツ選択のページを切り替えます。


1. メインウィンドウ
CloneFighterメイン画面
メインウィンドウの各機能について説明します。

メインメニュー一覧
開く


「開く」ボタンを押すと、キャラクター設定文の選択ダイアログが開きます。
キャラクター設定文の選択
「CloneFighter」の「Char」フォルダから対象のファイルを選択すると…

設定文に従って各種ファイルが読み込まれます。
キャラクター関連データの読込が完了
メインウィンドウには指定されたテクスチャが設定されたCGモデルが、
モーションリストには読み込まれたモーションの一覧が、
タイムラインにはCGモデルのパーツ一覧が表示されます。

メインウィンドウに読み込まれたCGモデルはモーションが読み込まれていない状態です。
モーションがセットされていない状態のキャラ

モーションリストでモーション編集に入ると…
モーション編集を開始した状態
メインウィンドウのCGモデルにモーションが読み込まれた状態になります。

上書き保存
現在の状態でキャラクター設定文( テキストファイル )を保存します。
Charフォルダのbaseファイルを開いた場合は、上書き保存しないよう気をつけてください。

別名保存
キャラクター設定文を新しいファイルとして保存します。
Charフォルダのbaseファイルから変更を加えた場合は、別名で保存するようにしてください。
ファイルの保存画面

ヘルプ
現在は未実装です。
プログラム本体に同梱するマニュアル、もしくはオンラインマニュアル( このページ )
を起動する予定です。

出力
メインウィンドウの現在の状態をBMP画像として出力します。
画像の出力
キャラクターデータを開いた状態でないと、出力はできません。
また、他の設定ファイルと違って「画像出力用のフォルダ」は用意しておりません。
出力先のフォルダについて特に制限はありませんんが、
フォルダのパスがあまり長くならないよう気をつけてください。


出力されるBMPは、フルカラーモードです。
ゲーム用に使用する場合は、256色モードのBMPに変換してください。
別途、画像の一括変換が可能なソフトを用意しておくと便利です。

また、出力する画像のサイズも固定( 480x480 )です。
私が格闘ツクール側に用意したデータに合わせたサイズですが、
今後調節できるようにソフトを改良する予定です。

自動出力
出力設定文に従って、一連の画像を一括出力します。
格闘ツクールの「フォルダ一括読込」機能と組み合わせるため、
モーションごとのフォルダ分けは行わず、全ての画像が1つのフォルダ内に納められます。
フルカラーモードのBMPはデータ容量が大きいです。
例えばサンプルデータの場合、画像641枚で420MBくらいになります。
そのため、自動出力を行う際はハードディスクの空き容量に注意して実行してください。

また、出力されるファイルの名前は一定のルールに従って決められます。
[0を含む5桁の連番]-[モーションの名前]-[モーション内のフレーム番号]
という形式でファイル名が決まります。
以下に、画像出力の手順について簡単に説明します。
( 一連の操作手順について見る場合は、チュートリアルを参照してください )

まず、画像出力するフレームについて記録された設定文( テキストファイル )を読み込みます。
自動出力のオーダー設定文を選択
出力設定文は、「CloneFighter」の「Order」フォルダに保存しておくと良いでしょう。

次に、画像の出力先となるフォルダを選択します。


出力設定が済むと、処理が開始されます。
処理が完了するまでは、ソフトを操作しないよう気をつけてください。

出力が完了すると、画像ファイルと一緒に出力ログファイル( CSVファイル )が生成されます。
ここには…
[画像の出力番号]-[モーション名]-[モーション内の出力フレーム]
が記録されています。( 基本的には画像のファイル名と同種の情報が並びます )
Excelなどで編集できますので、格闘ツクールでの画像番号管理用に使うと良いでしょう。


2. モーションリスト
モーションリスト画面
編集する




追加
追加するモーションファイルを選択









3. タイムライン
タイムラインウィンドウ





4. パーツウィンドウ
パーツウィンドウ

読込
読込画面











トップページへもどる

inserted by FC2 system