2D格闘ツクール2ndのバグ・よくあるミス

■ チュートリアル


■ コマンド解説


■ テクニック解説
 001 特殊なキャラクターセレクト
 002 画面レイアウト
 003 カラーセレクトの設定
 004 ヒットエフェクトの研究
 005 ヒットエフェクトの描き方
 006 スクリプト一覧のテキスト化
 007 通常立ちの設定
 008 VSで開始位置指定
 009 雛型キャラの作成
 010 INIファイルの内容
 011 変数の大小チェック
 012 当て身投げの作り方
 013 必殺技コマンドの設定
 014 アニメ作成_通常攻撃
 015 ゲームモードによる分岐
 016 変数の一覧を記録
 017 受け身入力の判定
 018 ダウン値による分岐処理
 019 飛び道具の作成
 020 ワープ技の作成
 021 ヒット硬直のコントロール
 022 ステージの地面表現
 023 ヒット数表示の固定
 024 横方向のホーミング攻撃
 025 1P/2Pの判別
 026 ライフ減少アニメ
 027 画面下部の表示内容
 028 ステータス表示の意味
 029 ガードクラッシュの表現
 030 押せないOBJ
 031 アイテムのあるゲーム
 032 復活する技の作成
 033 空ガードの作成
 034 ステージ選択付きキャラセレ
 035 ゲージMAXの表示
 036 固定ダメージを表現する
 037 ラン動作の作成
 038 投げ技によるKOの作成
 039 ボタン溜め押し技の作成
 040 中段攻撃の作り方
 041 製作に役立つツール
 042 カラーセレクトに適した画像
 043 相手によって動作変更
 044 横幅のあるキャラを表現
 045 ラウンド限定の動作
 046 影色の塗りを効率化
 047 モードを切り替えるキャラ
 048 当たり判定設定のコツ
 049 空中ジャンプを表現する
 050 キャラの向きを判別する
 051 途中でKOしない乱舞技
 052 カウンターヒットの作成
 053 OBJの動作を停止
 054 ハイジャンプの作成


■ バグ・よくあるミス


■ テスト時のチェック項目


■ 解説用データ ダウンロード


005

OBJの発生位置がずれる

「キャラクター」「基本イメージ」同様に、
「デモ」スクリプト内でも ( OBJ命令 )を使用することができますが、
条件によっては予期せぬ動作をします。

今回は、「デモ」画面でOBJ命令を使う際の注意点について説明しましょう。
( 主に、バグに関する情報について述べます )


OBJ発生位置がずれる
以下は、今回テストする「デモ」用スクリプトです。

処理内容としては、
「親」スクリプトから「子」スクリプトをOBJとして発生、
「子」スクリプトから「孫」スクリプトをOBJとして発生、
結果3つの円グラフィックが同心円状に並ぶ…というものになります。

なお、今回のテストでは
「エフェクト_衝撃波A」のグラフィックを使用しています。

ここで、各スクリプトにおける画像配置および
OBJ発生位置の指定を確認しておきます。

「親」スクリプト

「親」グラフィックの配置と、「子」OBJの発生位置です。
※白線の十字が、OBJ発生位置の指定となります。

「子」スクリプト

同様に、「子」グラフィックの配置と、「孫」OBJの発生位置です。

「孫」スクリプト

最後に、「孫」グラフィックの配置です。。

デモ実行時の表示内容は次のようになると思われます。

ここでは、
「親」部分を赤色、「子」部分を青色、「孫」部分を緑色
にして重ね合わせることで各OBJ間の位置関係をイメージしています。
( 少々見づらいですが、ご了承ください )

呼び出し先のOBJは、発生位置指定を基準にして表示されます。
( 「親」のOBJ発生位置に、「子」スクリプトの左上端が来る感じ )


問題確認:
「アニメプレビュー」
画面で表示を確認してみます。
( バグに注意してください )

「アニメプレビュー」での表示結果です。
予想通り、3つのグラフィックが同心円状に並んでいます。

ここまでは全く問題ありません。
では、「実際にゲーム実行した場合はどうなるか?」を確認します。

ここでは「オープニングデモ」
テスト用の「デモ」を割り当てて確認してみます。

MEMO

テストプレーでの「デモ」確認
「デモ」の動作をテストプレーで確認する場合は、
一時的に「オープニングデモ」を
対象の「デモ」ファイルに変更すると
手早く動作確認することができ、非常に便利です。

 テストプレーで「初めから開始」を選択すると、
 「オープニングデモ」から始まります。


以下は、テストプレーの実行結果になります。

画面を見ると、円が同心円状に並んでいません。
「孫」OBJの発生位置がずれています。

ここで、「子」スクリプトにおける
「孫」OBJの発生位置の指定を再確認してみます。

この画像内におけるOBJ発生位置と、
実行画面における「孫」OBJの( 画面左上からの )発生位置は一致します。

OBJからOBJを発生させると、
「プレビュー」表示では相対座標で表示されるが
「テストプレー」では絶対座標で表示される。



プレビューでは
「孫」OBJが「子」OBJの右29ドット、下28ドットから発生しているが…
実行画面における表示では
「子」OBJの位置に関係なく画面左上から右29ドット、下28ドットの位置になる。


対策:
この問題に対する明確な解決法はありませんが、
少し我慢すれば、問題の回避はそれほど難しくありません。

「OBJからのOBJ発生を避ける」 または
「孫OBJの発生位置は絶対座標として設定する」


「デモ」画面でOBJ命令を多用する際は注意するようにしてください。
以上で、「デモ」画面でOBJ命令を使う際の注意点
に関する説明を終えます。


ページ先頭へもどる

トップページへもどる

inserted by FC2 system